いつもと変わらない朝でした。

テニスラケット

長男の最後の夏が終わり、部活を引退しました。
それと同時に、私自身も、テニスクラブチームの会長の務めが終わりました。

結果は、子供達が目標とするところにはたどり着けませんでしたが、最後の試合は、レギュラーとして闘った8人も応援する子供達も保護者も、最後の最後まで諦めていませんでした。

テニス部として始めてからこれまで、子供のいろいろな姿を見てきました。時には親子でぶつかることもありました。遠征も多く体力的に辛く感じたこともありました。

この1年は、長としてやっていく中で、コミュニケーションや関わり方、まとめることの難しさを痛感しました。

様々な経験ができたこと、子供だけでなく私自身も、きっとこれからの力やエネルギーになっていくのだろうと心から思っています。