やるかやらないか決断する時

相手はどう思うか、周りはどう思うか
そのことを1番に考えていた頃があります

それが大事な時もあるでしょう

ですが、その時は周りに合わせること、自分が我慢することが多かったように思います

自分はどう思うのか、自分はどうしたいのか、そのことを1番に考えるようになりました

それもとても大事です

ですが、自分の思いはわかっているのに、わかっているからこそなのか、ブレーキのようなものがかかっていることを感じたりしました

そんな時にいただいた言葉

『そこに“あなたでなければ”があるならお引き受けします』

目の前が開けた感じがしました

何かをやってほしいという願いがあったり、やってみないかという希望があったり、もしかしたらそこに“私”でなければならない何かがあるからなのかもしれません。そしてそこから繋がる何かがあるのだと思います。

“やってみなければわからない”改めてそう感じ、勇気をもらいました