「もう、お兄ちゃんなんだから」
「お姉ちゃんになったでしょ」
「もう、○才なんだから」
「もう、○年生になるんだよ」

ついついつい、言ってしまうこの言葉。

園に行くようになり、小学校に行くようになり、中学校に行くようになり…

子どもは、どんどん成長していきます。

できることも、1つずつ増えていって…
だからこそ、思ってしまうこと。
もう自分でできるよね。
何でもやれるよね。

なのに、甘えてくる子どもに、
「なんで?もう…」と、
ついついつい。

そう言ってしまうのは、子どもが心配だから、できるようになってほしいから、できていてほしいと思うから…

きっとそこには、親としての沢山の思いがあるのではないでしょうか。

 

そのことを、実は子ども自身が、1番よくわかっているのかもしれません。

でも、甘えてしまいたい時もあるはず。
「これは頑張るから、今だけ、ちょっとだけ甘えさせて」
という、子どもからのメッセージかもしれません。

今だけ、ちょっとだけ、受け止めてみませんか。

pair3B