この季節、毎年気にかかるのが胃腸風邪やインフルエンザ。

特に今年はインフルエンザがA型もB型も同時に出ており、かなり流行しているようで、愛知県でも“インフルエンザ警報”が発令中です。(私の周りではB型をよく聞きます)

息子の小学校でも、一つの学年は学年閉鎖に、その他の学年では学級閉鎖が出ています。

 

インフルエンザに罹ってしまった時、いくつかポイントがあります。

突然の高熱、体がだるい、関節の痛み
インフルエンザの予感がしたら…

インフルエンザの検査は、発症後12時間以上経ってから受けると判定がしっかりできます。

インフルエンザの診断が出ました。
インフルエンザの治療には、インフルエンザの増殖を抑えるお薬(抗インフルエンザウイルス薬)があります。

インフルエンザウイルスは、増殖のスピードが速い為、症状が出現して48時間以内にウイルスの増殖のピークがきます。このため、48時間以内に薬を服用しないと、効果が現れにくくなります。

 

インフルエンザに罹ってしまった時のポイントも念頭におきながら、まずは予防が大切です。

睡眠、食事、休息も取りつつ
うがい、手洗い、マスク着用
などできることから毎日続けましょう。

予防や対処法は、自分を守るだけでなく、周りにいる人達を守ることにもつながります。