伝えたい言葉には“隠し味”が必要だ。

 

“そのまま”も大切だけど、そこに“隠し味”を加えることで、伝わり方や相手の受け取り方、コミュニケーションの繋がりも変わってくるように思う。

 

優しい言葉には、まろやかな隠し味を
厳しい言葉には、辛めの隠し味を
嬉しい言葉には、さわやかな隠し味を
大切な言葉には、甘い隠し味を
※味は私の想像したものです

表情や態度も隠し味になる。

 

「そんなつもりで言った訳じゃないのに…」と、思う時は、もしかしたら隠し味が違っていたのかもしれない。

 

あなたはどんな“隠し味”を使いますか。