テニス

テニスの試合では、ネットを挟んで球を打ち合う“ラリー”が続くことがあります。

その中で、チャンスを見て、前衛が攻めるパターンもあれば、後衛がコースを狙って攻めるパターンもあったりします。

どう攻めるか…それを考えながらのラリーは、相手との戦いでもあり、自分との闘いでもあり、集中力との闘いでもあるんだろうなと感じます。

どちらかが、アウトしてしまえば終わり、ネットにかけてしまっても終わり。
どう展開していくのかの真剣勝負。
見ている側もハラハラドキドキの時間。

「負けるな。踏ん張れ。」
子供達の試合を応援しながら、すごい世界を経験しているんだなと改めて思いました。