昨日は、不思議なくらい暖かかったですね。

子供達は、テニスの予選大会がありました。

早朝はまだ雨が降っていたので、あるのかないのかドキドキしていましたが、小雨ということもあり、決行することになりました。

残念ながら、次男はインフルエンザの為、出場できず(>_<)私は、次男に付き添っていた為、家で次男と一緒に声援を送りました。

主人より、長男が練習中に膝を打って怪我をしたと連絡がありました。

強く打ったようで、膝の状態はどうなのか、試合はできるのか心配でしたが、応急処置をしてもらい、なんとか試合には出れることに。

今、長男はどんな気持ちでいるのだろう…

親として、6年生最後の大会となる為、勝ち負け関係なく、とにかく悔いの残らないようやれるだけやってほしい気持ちと、ここまでやってきたのだから上に進んでほしい気持ちと入り交じっていました。

男子はペア数が少ない為、県大会に出場するには、ブロックを1位抜けするか、2位抜けでもまだチャンスがあります。

長男のペアはブロックを2位抜けし、その後勝ったので、県大会へ出場する切符を手に入れました(^^)v

長男曰く、「試合中は、痛みを全く感じなかった」と。

それだけ集中していたのでしょう。

「何かを忘れるくらい、何かに集中すること」人生の中で、何度あるでしょうか。

 

県大会は、3月にあります。その大会が今年度最後の大会となります。

県大会ではまだ、ブロック抜けしたことがありません。

気になるのは勝負の行方ですが、最後まで精一杯、プレーしてほしいです(^^)

IMAG0595