買い物を終えて、夕飯の準備がある為、急いで家路へと車のエンジンをかけた時、長男から1本の電話。

子「もう1つ買ってきてほしいものがあるんだけど」(先ほど、ペンを頼まれたところ)

母「えー何を?」

子「洗顔。1番安いやつでいいよ。泡のやつの方がいいのかなぁ。値段安めだけどいいやつ」(それってどっちよ)

母「じゃあ、帰りもう少し遅くなるから、夕飯作っといてよ」

子「えー、無理」(無理って…)

電話でのやり取りの結果、購入したのが、メンズビオレの泡洗顔。

メンズビオレ

んー、“メンズビオレ”という言葉だけで、私の中では青春のイメージが笑

これも青春の必需品なのかなぁ。