昨夜、21時26分、熊本県で地震がありました。

私は、母と子供達とテレビを見ていました。

地震速報が流れ、「震度7」というのを見て、母も私も驚きました。

すぐに、家族や親戚に連絡を取りました。

電話がつながらないこともありました。メールも送りました。弟はLINEの方がつながるからと、電話をかけてきてくれました。

友人、上司の方から、「実家は大丈夫?」とメールをいただきました。

幸いにも、私の実家の方は揺れはしたものの、大きな被害はなく、家族も友人も親戚も皆、無事でした。

ですが、熊本市内に住んでいる友人の所は、かなり揺れ、冷蔵庫や食器棚が倒れたり、余震が続き、避難所に避難したりしたようです。

とにかく、無事でいてくれたことに安心しました。

 

今日平成28年 熊本地震と名前がつきました。

朝からのニュースを見ていたら、道路や家など崩れ、死者も出ており、何とも言えない気持ちになりました。

 

「まさか、熊本で地震があるなんて…」

 

昨夜も思いましたが、テレビでニュースを見る度に思います。

もし、この地震で家族や友人と連絡が取れていなかったら…

もし、この地震が、自分の住んでいる町で起こっていたら…

もし、子供達と一緒にいない時に地震が起こったら…

心がざわつきました。地震の恐怖を感じました。

私が感じている恐怖以上に、地震を経験された方は、本当の恐怖を知っています。

 

近いようで遠い地震。いつかはと思いながらも、まだ遠いと思っているのかもしれません。

でも本当は、遠いようで近い地震。いつどこで起こってもおかしくないことなのです。

避難場所など、家族で意思統一が必要だなぁ。まだ起こっていない今だからこそ、今やれることをやろう。

改めて、そう思った瞬間でした。

truthB