私の中で特別なことの1つになっている宝塚鑑賞。

先日お誘いをいただき、2度目の宝塚大劇場へ行ってきました。

宝塚

今回も観たのは宙組公演
ミュージカルは、篠原千絵さん原作『天は赤い河のほとり』そして、ショーです。

宙組のトップスター真風涼帆さんは熊本出身の方だそうで、それだけでも気になるのですが、ミュージカルもショーも圧巻の迫力、美しさ、そこに込められている思い、沢山のものが詰め込まれているように感じ目が離せません。

大きなエネルギーをいただいたような気持ちになり、なんともいえない余韻が残ります。

いつ訪れるかわからないこの時。
なんだか、これまでのためにそして明日からのために、観に行く機会があるような、そんな風に感じています。