人には、役割がある

何かしら、役割を持っている

その役割は
いつの間にか
自然と

その役割は
やるべきこと
やるしかない

時には、抵抗してしまいたくなることもあるかもしれない

 

なぜその役割をやるのか
誰のためにやるのか

そのことに気づくことができた時

かまえずに
不安にならずに

受け入れることができるのかもしれない