安城市・岡崎市・豊田市の心理カウンセリング【 くれたけ心理相談室 安城支部】

MENU

柴田 桃子 プロフィール

心理カウンセラー 柴田桃子(しばたももこ)のご紹介

Momoko Shibata

Momoko Shibata

略歴

1979年  熊本県で出生
1997年  看護専門学校に通うため、愛知県へ上京
2000年  看護師免許取得(病院の手術室にて勤務)
2004年  結婚、出産を機に退職
2011年  メンタル心理カウンセラー資格取得(心療内科のデイケアに勤務)
2015年  一身上の都合により退職 家族療法カウンセラー資格取得 カウンセラーとして活動を開始

【資格】

・JADP メンタル心理カウンセラー資格
・JADP 家族療法カウンセラー資格
・看護師免許

わたしのこと

熊本県でも田舎の方の出身です。五橋でつながっています。
小さい頃は、泣き虫な女の子でした。
小中学校の時に、空手を習っていました。黒帯(初段)です。
高校を卒業後、愛知県へ上京し、看護学校に入学。寮生活を送っていました。
手術室、心療内科での勤務を経て、今は心理カウンセラーとしての道を歩いています。
主人と息子2人の4人家族です。

【趣味・好きなこと】

パン屋さん巡り・カフェ、喫茶店で過ごす・ボーっとする・ドライブ

 

カウンセラーになったきっかけ

img_5725new

私自身、大きな悩みを抱えて自分ではどうすることもできず、苦しい思いをした時期があります。その頃の私は、「自分でなんとかする」ことしか頭にありませんでした。「自分が我慢すればなんとかなる」そう思っていた時期でもあります。

その時に自分を救ってくれたのが、第三者の存在です。1人で抱え込まず、話せる人がいること、話を聴いてくれる人がいること、自分を受け止めてくれる人がいること…それが、本当に有難いことで、大切なことだと実感しました。また、自分自身を大切にすることができるようになり、考え方も変わりました。

その時の経験がきっかけで、「悩んで苦しんでいる人の為に、自分にも何かできることがあるのではないか」と思い、カウンセラーの資格を取得しました。

 

その後、心療内科のクリニックのデイケアで働き、様々な悩みを抱えた患者様と接し、患者様の心と、また自分の心と向き合う貴重な時間を過ごしました。

下を見ていた患者様が、顔を上げ自分から話すようになり、笑顔を無くしていた患者様が笑顔を取り戻し、社会に復帰していく姿を見て、この心理の仕事でもっと沢山の笑顔を見たいと思うようになりました。

他の分野も知りたいという思いと、自分自身にも役に立つのではないかと考え、家族療法カウンセラーの資格も取りました。

 

縁あって、カウンセリングをやらないかというお話をいただき、そのクライエント様との関わりの中で、自分がカウンセラーの資格を取った時のことを思い出し、私にできることは何なのか、私がやりたいことは何なのか、深く考える機会となりました。

そこには、「看護師として働かなければならない」という自分の中のこうあるべきという思いとの葛藤がありました。その思いから、どうしても一歩が踏み出せずにいたのですが、看護師としての自分をカウンセラーとしてやっていく中で、生かしていけばよいのではないかという答えに辿り着き、大きな一歩を踏み出すことができました。

カウンセラーとしてやっていく自分の強い思いを感じ、今、ここにいます。

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP