1つ1つ
コツコツ

1ピース1ピース
組み立てていくパズルのように

目の前にあることを
1つ1つ

 

そしていつしか
“1つのもの”になっていくのでしょう