「~でなければならない」
「こうあるべき」

そう考えてしまうことで
時に苦しさを感じてしまうことがあるかもしれない

「そうじゃなくてもいいんだよ」
自分自身に"OK"を出せること

それは時として
高いハードルを越えることかもしれない

もし、越えることができた時

今までとは違う何かを見つけられている
それは自分自身のために