自分自身のこと

話してみようと思った時
話したいと思った時
話せた時

その時が自分の心と向き合う時なのかもしれません

言葉にすることで
自分の耳に入り、思い出したり、感じたり

それは決して
嬉しいこと幸せなことばかりではないかもしれないけれど

それでも
今なら、この人になら
そう思えたということは

自分の中の何かが動き始めたということ

時を刻みながら、自分も心も変化していくのだと思います