「きく」には、3種類あります。

「聞く」…音が耳に入ってくる、聞こえるという意味

「訊く」…自分がききたいこと、自分が質問したいことを尋ねるという意味

「聴く」…相手の感じていること、伝えたいこと、言わんとしていることを理解しようと耳を傾けるという意味

a0830_000354

会話をする中で、自分の伝えたいことが、うまく伝わっていなかったり、相手が伝えようとしていることを、違うように理解していたり…そのような経験ありませんか。それが、冷静でいられない状況だと更に強く感じるかもしれません。

昨夜、子供と言い合いをしました。久しぶりに大きい言い合いです。理解してほしい、わかってほしいと思う子供と私。自分の意見を押しとうそうとすればするほど、ぶつかってしまうし、相手の言うことをマイナスに受け取ってしまいます。そうなると、相手の言葉を最後まできけなくなってしまう…

途中でハッとしました。私は、子供の話を聴けているだろうか。

家族だからこそ、難しかったりもするのですが、家族だけではなく、友人、職場、これから出会う人など、「聴く」を意識してみると、相手の思いがわかったり、自分の伝えたいことが伝わったり、コミュニケーションが変わってくるのではないでしょうか。