何かの終わり、何かのゴールは
何かの始まり、何かのスタートと
つながっているのかもしれない

もう終わってしまった
やっと終わった
終わってよかったのだろうか

いろいろな思いを持ちながらも
きっと次に何かが待っている

そのことに気づく“時”が
人によって違うだけで

またいつか
歩き始めるんだ