映画「昼顔」を見ました。

ドラマを見ていたこともあり、映画が公開するということで興味がありました。

また、主人公の紗和役の上戸彩さんが公開初日、舞台挨拶で流した涙が印象的で、“背負ってきたもの”“覚悟”がある中で、どのように演じられているのかを見たいという思いもありました。

“不倫”がテーマのこの映画。
女性1人、女性同士、恋人同士、夫婦で見にこられている方もいました。

 

衝撃の結末と聞いていたので、きっと何かあるのだろうとは思っていましたが、本当に驚きというか、私は安心した部分もありますが、ショックの方が大きかったです。

主人公の紗和の思い、北野先生の思い、北野先生の奥さんの思い…

なぜと思いつつも理解できる部分もあったり…沢山のいろいろな思いを感じ涙が出て、とても胸がいっぱいになりました。

“人を愛する”ということを改めて、深く、考えた映画でした。