感情には様々なものがあります。

喜びや楽しみだけでなく
悲しみや怒り、諦めなど
私達が日々感じているものが沢山あります。

 

その感情を抑え込んだり、感じないようにしたりすることがあるのではないでしょうか。

 

感情を抑え込むことで、筋肉が緊張し体が硬くなります。
それが繰り返されることで、緊張も硬直も大きくなっていきます。

でも、その状態に気づかなかったりします。

 

体の重さやだるさを感じた時

床に寝転がり
「大」の字になって大きく深呼吸をしましょう
手を上に、足を下にぐっと伸ばしましょう

目を閉じ、何も考えず、呼吸だけを意識して

肩や背中、足が伸びるのを感じてみましょう
それだけ体が固まっていたことを感じましょう

 

緊張や硬直は、体だけでなく心にも同じように起こっています。

体を伸ばしながら、その抑えている感情を口にだして言ってみて下さい。

体を伸ばすことで、血液やリンパ液の流れ、そして気の流れも良くなると言われています。心も徐々にほぐしていきましょう。

extend2b