今日、駄菓子を買うために、「おやつカンパニー」というお菓子屋さんに行ってきました。

この時期は、遠足のところが多いようで、小さい買い物かごを片手に、真剣に駄菓子を選んでいる子どもや、「今、いくらかなぁ」と計算している子ども達がいました。

 

駄菓子といえば、やはり子どもの頃、近所にあった小さな駄菓子屋さんを思い出します。
店員さんは、おばあちゃんでした。
学校から帰ってきたら必ず行く場所のようになっていた気がします。

 

久しぶりに沢山の駄菓子を見てワクワクしました。

私が好きだったのは…

kimg0411

「フラワーヨーグル」
ヨーグルト風味のお菓子です。

このお菓子とセットにあるのが…

kimg0412

そうです。
この木のスプーンです。

本当に懐かしく、思わず購入。
何十年ぶりに食べてみました。

子どもの頃と変わらない、ヨーグルト風味。
ですが、こんな食感だったかな、こんなに柔らかかったかなともう忘れてしまっていることもあり、不思議な気分でした。

 

自分が子どもの頃に食べていたものが、今も変わらずあって、子ども達が食べている。

店内でも、「これ、お母さんが子どもの頃、よく食べてたよ」「これ、好きだったな」と親子で会話している風景を目にしました。

そのことが、とても嬉しく、素敵なことだなと感じました。